あそびの学校は、全国のショッピングモール等で開催しています。

あそびの学校
つくるよろこび。つどう楽しさ。
参加者数述べ10万人以上

「あそびの学校」の現場から

実際に「あそびの学校」に携わる人、参加する人は、何を感じ、どんな想いを抱いているのでしょう?指導者、子ども、保護者それぞれの視点から現場の声をご紹介します。

指導者のまなざし

「あそびの学校」と私

創る場

「あそびの学校」の指導者として関わらせていただいてから、35年近い年月が流れている事に今更ながら驚く。 その長い間一度も“もうやめたい”と思った事がない事にも・・・。 いつの頃からか自分の中で決めていた事、それは「あそびの学校」に向う時、ワクワクする気持ちが湧いてこなくなったら、その時が辞める時・・・と。

「あそびの学校」に参加する子どもたち、参加のしかたはいろいろだけれど、その子どもたちと“つくる喜び”を通して純粋につき合える時間は私にとって至福の時である。 時には、創ることに目覚め、大好きになり、進化していく、という指導者冥利につきる過程にも立ち会える。

30余年の間に世の中はアナログからデジタルの世界に大きく傾き、子どもたちの環境や興味も変化している中、「あそびの学校」の現場は変わらない。 (私も変わらない!)つくる喜び、できた喜びに輝く子どもたちの表情は30余年の時を経ても変わらない。同じなのだ。

そんな中で培われる参加者同士のコミュニケーションを育てていく場所というのもステキだ。

限られた場所で4才~12才の子どもたちがいっしょに同じテーマでつくる。もちろん年令や能力によって完成度や創造力は違う。 それがいい。刺激を受け、意欲がひろがっていく。こんなすばらしい場所が他にあるだろうか?「あそびの学校」が社会貢献の場である、と誇れるところである。

私は世の中がどんなに変わろうと、「あそびの学校」はずーっと続いていって欲しいと、切に願っている。

「あそびの学校」は自由

創る場

平成2~4年頃、私は参加者として娘と一緒に「あそびの学校」に通っていました。その後、新しく始まる会場の立ち上げに誘われ、指導者をすることになりました。当初は参加する子どもが少なく、店内放送を何度もお願いしたり、チラシ配りや呼び込みをしたり、参加スタンプを作るなど、試行錯誤の連続でした。その甲斐あってか、次第に参加者が増え、娘も小学校高学年になると受付を手伝うようになりました。あれから20数年、4会場の運営に関わってきました。今では、孫まで参加するようになっています。

「あそびの学校」は、多くの人が行き交うショッピングセンターで開催されます。無料なので参加も自由、与えられた時間と空間の中で、好きなように作ることができます。細かな指導要領はなく、運営方法はある程度その会場の責任者に任されています。子どもたちに対して決まった評価はせず、みんな違っていい。こうした自由さが、私の気持ちにピッタリだったからこそ、長年続けて来られたのだと思います。

「『あそびの学校』に失敗はない」が私の信条です。これは、子どもが失敗しないよう指導管理することではなく、失敗してもその原因を考えたり、うまく表現できるよう後押しし、結果として失敗を恐れずに個性を伸ばせるよう子どもを導きたいからです。人は「失敗」から多くを学ぶことができます。

大切なのは、子どもたちに「できたよ」と「楽しかった」を感じてもらうこと。安全で安心して集える場、出会える場で、充実した時間を過ごしてもらうことが、私たち現場の指導者の役割です。ここに参加した子どもたちが、何かを得て成長することが、私の喜びであり、願いです。これまで出会った多くの子どもたち、素晴らしいスタッフさん、そして、協賛されている企業の皆様、すべてに感謝します。

子どもたちのまなざし

あそびの学校
あそびの学校
あそびの学校
あそびの学校
あそびの学校
あそびの学校
あそびの学校
あそびの学校
あそびの学校

保護者のまなざし

他の子と一緒に作る楽しさ、物を共有するときのルールなども学び、家や幼稚園などの慣れしたしんだ友達以外とふれあういい機会だと思っています。(秋田県)

あそびの学校では、いろいろな地域から集まった子どもたちが、同じ場所で同じ作業をすることで、友達になったり、創作意欲を刺激し合ったりと、他では(学校など)経験できない事を経験することができる貴重な場となっています。参加者たちのいきいきとした姿も、他では見られない良いものです。(東京都)

我が家も8月20日に被災し、一ヶ月近くの避難生活の後、先週転居しました。このあそびの学校にくると、もとの家の近くのお友だちに会えるので、子どもたちも喜んでいます。先週に続いて今週も皆に会えて、私たち母親も嬉しいです。これからもできるだけあそびの学校に来て、親子で友だちとの関係を続けていきたいです。本日は、このような機会を作って下さり、本当にありがとうございます。(広島県)

あそびの学校

子どもが幼少の頃からお世話になっていました。おかげさまで、工作・制作好きな子に育ち、小学生の今、市美術展や県の展に毎年選ばれるようになりました。(福岡県)

一番上の子が中学生になります。 毎月、SCに来てあそびの学校に参加していました。 おかげ様で、絵を描いたり物を作ったりが大好きな子に育ちました。今は下の子が楽しく参加しています。子どもが成長していくのに大切な活動と思います。(香川県)

以前、ビー玉の迷路で初参加させて頂き、しばらく期間があいての参加でしたが、自宅ではとても出来ないような本格的な工作であり、子どもたちは作る楽しさ、遊ぶ楽しさ、そして、同時に達成感や愛着もわくようで、市販のおもちゃより大切にしています。また、たくさんの家族以外の大人の方と触れ合い、教えていただき、交流を持つ事で、感謝の気持ちを持てたり、知らないお友達と貸し借りをしたり、参加させていただいたり・・・と刺激をいただける事もとても良い事だと思います。是非、また参加させていただきたいです。本日は、ありがとうございました。(千葉県)

あそびの学校

親子で集中して、1つの物作りができること、子どもの感性を大切にできて嬉しいです。何かあると、「どうしたらいいの?」とすぐ聞いてくることが多かったのですが、親が口を出さず、子どもに任せる体験ができて良かったです。(愛知県)

去年から参加させていただいていますが、毎回とても楽しく貴重な体験をさせてもらっています。なかなかない機会ですし、子どもにとっては「作る楽しさ喜び」を感じてもらえ、親としても感謝しています。(大阪府)

このような大人も子どもも作れる体験を催していただき、たいへんうれしく思っております。ゲームばかりやる子どもより、想像し、各、思い思いの作品を完成に向けて、指先を動かし、出来上がって行く物に、目を輝かせて行く子ども達の姿に、将来の日本に貢献と発展をもたらしてくれると感じてしまいます。ショッピングセンターの各店の協賛・協力に深くお礼を申しあげます。(北海道)

あそびの学校

季節により、クリスマスやハロウィンなど、とても楽しめる内容になっています。このイベントで作ったハロウィンの帽子とマントは小学校のパーティーでも大活躍となりました。また、指導者の方々は個々の個性を大切にされていて、おしくつけではなく、あたたかく見守り、どんな作品にでもすばらしいコメントを頂けるので子供達ものびのびと楽しく参加しています。 たくさんの方々に支えられ、作品を作ることの楽しさを体験させていただき感謝しています。(沖縄県)