あそびの学校は、全国のショッピングモール等で開催しています。

あそびの学校
つくるよろこび。つどう楽しさ。
参加者数述べ10万人以上

あそびの学校がもしも100人の村だったら?

「あそびの学校」に参加される人数は年間13万人にものぼります。
幼児からお年寄りまで様々な年代が参加し、男女問わず楽しく創作しています。 趣味・趣向が多様化する現代で「あそびの学校」に参加されている子ども達を取り巻く環境はどのようなものでしょうか?

photo

40人が男の子60人が女の子になります。

参加している子どもの8人が3~4才で、43人が5~6才、49人が7才以上です。

photo

1年間の中で、初めて「あそびの学校」に参加した人は58人で、2回目かそれ以上の人は42人です。 中には全て参加したパーフェクトの子どももいます。

100人のうち親と参加した子どもは83人で、子どもだけの参加は17人です。 親と参加した子どもの中にはおじいちゃんやおばあちゃんと参加した子もいます。

「あそびの学校」の先生はいろいろな人がいます。 100人中18人が学生です。 13人が仕事を持って働いている人か、主婦です。 12人は学校の教師か元教師で、10人は芸術家です。 あとの47人は、地域の教育機関の人や子育て支援団体、子ども劇場などで活躍している人達です。