あそびの学校は、全国のショッピングモール等で開催しています。

あそびの学校
つくるよろこび。つどう楽しさ。
参加者数述べ10万人以上

未来を創る力を育む自由な造形広場。
それが「あそびの学校」です。

1981年の事業立ち上げ以来、「あそびの学校」は たくましく創造性のある子どもの育成を目指してさまざまな事業に挑戦してきました。 これまでの活動が曲がりなりにも実を結んできたのは、 多くの企業様、地域の指導者様、教育関係者様のご協力ご参加される方々のご理解があったからです。ここに心より深く感謝を申し上げます。

「あそびの学校」が創り出すもの

あそびは可能性の引き出し

手作りあそびの素晴らしさの一つは、発展の可能性を多分に持っていることです。 素材の性質や仕組みを自分自身の手で確かめながら、その体験が増えれば、おのずと別の素材や、組み合わせなどを試みることができるようになります。 作って遊び、遊びながら確かめ、発展させていくということが、手作り制作の醍醐味であると思います。 創意工夫を大切に、たくましく創造性のある子どもに育ってほしい・・・そんな想いを繋げることこそ、「あそびの学校」が目指すところです。

あそびは世界を広げる

モノを作る活動は、一見個人的な活動であるかのように見えます。 しかし、作りたいという気持ちの高まりや、制作過程での発見や驚き、また、作ったモノで遊ぶ楽しさは、むしろ他人と関わりながら得られることが多いのです。 「あそびの学校」が育てたいのはモノを見つめる確かな目、適切な技術を駆使できる巧みな手、美しさを感じる心、そして自分自身で考え、工夫する力。 人と関わりながら「つくるよろこび」を共有する体験は、子どもたちの世界をさらに広げてくれることでしょう。

あそびはコミュニティを形成する

あそびの学校は幼稚園や小学校、地域の子供会などと違い「不特定の方々」が集い、開催をしています。今日初めて会ったお友達や、ここでお友達になって仲良くしている子、また保護者の方々の交流も育まれ、様々な思いを胸に参加を頂いています。 「通われている学校でもない」「ご家庭でもない」その合間の環境が「あそびの学校」には存在しています。「あそび=集う」を通してどう「人と人」を繋ぎ合せるか?そのきっかけをつくることでコミュニティの芽が生まれます。

お知らせ